• <optgroup id="yww48"><code id="yww48"></code></optgroup>
    <dd id="yww48"><optgroup id="yww48"></optgroup></dd>
    <optgroup id="yww48"><code id="yww48"></code></optgroup>
    <menu id="yww48"></menu>
    こんにちは! 東莞市品維金型有限公司の公式サイトへようこそ!中國語版日本語版お気に入り
    プレスセンター

    精密加工、精密部品の加工メーカーの知識

      1 .まず材料硬度の要求に応じて、ある場合にとって、材料は硬度が高いほどいい、加工部品の硬度要求限り、加工の材料は硬すぎない、比べたらまだ無理矢理機械部品加工の。

      2。次に、材質にはちょうど良くて、少なくともより低いパーツ硬度の等級を見て、同時に加工の部品の作用は何に使い、部品合理的な選択。とにかく、精密機械加工材質もあるのではなく、材質は全部の加工に適して、たとえばとてもや硬すぎるの材料、前者はない加工の必要で、後者は加工。

      だから、最も基本的なのの一つは、加工前に必ず注意材質の密度、もし密度はあまりに大きくて、相當硬度も大きく、硬度を超えてたら部品(旋盤バイト)の硬度は、加工の損傷がないだけでなく、部品を引き起こす危険で、たとえばバイト飛崩て傷害など。だから、一般的に、機械加工にとって、素材を下回る機刀の硬さが、加工される。


    [返回]   
    <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>