• <optgroup id="yww48"><code id="yww48"></code></optgroup>
    <dd id="yww48"><optgroup id="yww48"></optgroup></dd>
    <optgroup id="yww48"><code id="yww48"></code></optgroup>
    <menu id="yww48"></menu>
    こんにちは! 東莞市品維金型有限公司の公式サイトへようこそ!中國語版日本語版お気に入り
    プレスセンター

    金型加工メーカーの設計と製造

      金型製造技術の迅速な発展は、現代の製造技術の重要な構成部分。金型のCAD / CAM技術、金型のレーザーラピッドプロトタイピング技術、金型の精密成形技術、金型の超精密加工技術を採用し、金型設計の中で有限要素法、境界要素法を流れ、冷卻、伝熱過程の動的シミュレーション技術、金型の自動生産システム技術は、開発の金型DNM技術やデジタル制御技術など、ほとんどすべての現代製造技術を覆った?,F代の金型製造技術に向かって情報を加速駆動、製造フレキシブル、敏捷化製造及びシステム化集成と発展の方向。

      第3世代のモデリング技術:高速ミーリング加工では加工スピードが高いと良好な加工精度と表面の品質、そしてと伝統の切削加工比べ溫度上昇低(加工ワークだけ3℃上昇)、熱変形が小さいため、そこにふさわしいと熱変形溫度敏感な材料(例えばマグネシウム合金など)加工、

      また、切削力が小さく、適用薄肉や剛性差の部品加工、合理的に使用工具と切削用量を実現硬材料(HRC60)加工など一連の利點。そのため、高速切削加工技術は當面の話題にされて、それにもっと高い敏捷化、智能化、集積化する方向で、第3世代のモデリング技術。

    [返回]   
    <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>